FC2ブログ

Entries

竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫) |司馬 遼太郎

竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋 刊
発売日 1998-09-10




明治維新は無血革命だと思っていた自分の浅はかさに気付く。武市半平太の切腹は真に心が痛む。 2009-09-19
教科書というのは何なのだろうと思う。幾分のデフォルメがあるとはいえ、幕末の数年間にはや1700ページもかけて向き合っていると、人ごと、歴史ごととは思えない当事者意識が芽生えてくる。

思い叶わねば切腹、反逆の嫌疑で命じられ切腹、今の時代自殺はあっても、自分の腹を自ら割いて自害するなどということは、今の私からは考えにくい。思想の違い、主義の進め方の違いで、多くの志が若くしてその命を散らしていった。

今を生きる者として、当時の散った魂の無念さを少しでも感じ取り、彼らが目指した地位に差別なく、自由に生きれる世の中が今であることの有難さを静かに感じ、感謝する。

参考になった個所は以下の通り、
→なまなかなことで、世の中は変わらぬ。間崎らは死んだが、いつかはこの天下をわが手で覆して彼らの霊を慰めてやる

→昭和初期の陸軍軍人は、この暴走型の幕末志士を気取り、テロを起こし、内政、外政を壟断し、ついには大東亜戦争を引き起こした

→攘夷活動
 外国政府に対して、日本人が他のアジア人と違い異常な緊張力をもっていることだけは十分に示現した。
 日本は、トルコ以東において西洋人侵略されなかった唯一の国であるといういい結果

→高杉晋作
 士農工商の階級を撤廃した志願兵軍隊を創設

→人間の文明の発展というものに参加すべきだ。そうあれば、三上ヶ岳の不滅の燈明のように、その生命は不滅になるであろう。

→政治というのは、庶人の暮らしを立てさせてゆくためにあるものだ

→「もっとも」
 と竜馬は言葉をつづけた。
 「こんな時勢に悩んでいてもはじまらない。自分の信念だけが頼りなのだが」

→が、時勢は動いている。
 それを横目で見ながら、こういうまわりくどい道をひとり歩くというのは、よほどの忍耐力が要った。

着々と礎を固める竜馬 2009-08-31
 志士たちの狂想から距離をとって独自の道を歩む竜馬の生き方がうまく描かれている。ここに竜馬と本書が世代を超えて指示される秘訣があるのだろう。本巻では京の政変で物語がダイナミックな展開を見せるが、やや物語の展開が遅く、若干マンネリ的なものを感じてしまった。とは言え、読者に読むのをやめさせない手法は司馬は知悉しており、問題なく最後まで読むことができた。


さらに詳しい坂本龍馬情報はコチラ≫

左サイドMenu

坂本龍馬特集!

NHK大河ドラマ「龍馬伝」
坂本龍馬特集!



≪龍馬の手紙≫
龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 (講談社学術文庫)


計139通の手紙を網羅し、幕末の異才、龍馬の青春の軌跡を鮮やかに浮かび上がらせています。


≪坂本龍馬 その偽りと真実≫
坂本龍馬 その偽りと真実


浪人にして英雄!龍馬は幕末動乱の時代に本当のところ何をやったか?
その孤独と苦悩を明らかにし、誰も書かなかった「虚と実」に迫る!


≪幕末掛け軸フィギュア≫
「坂本龍馬」幕末掛け軸フィギュア「坂本龍馬」


幕末を駆け抜け、新しい日本を築いた坂本龍馬の名言を掛け軸にして再現!


≪ようわかるぜよ!坂本龍馬≫ようわかるぜよ!坂本龍馬

この一冊に龍馬の魅力がぎっしり!
「坂本龍馬入門書」の決定版!


最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

龍馬特集!




≪竜馬がゆく≫
竜馬がゆく


青春小説の名作が読みやすくなって再登場!
前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描いています。


≪龍馬伝 前編≫
(NHK大河ドラマ・ストーリー)


福山雅治主演、2010年大河ドラマを徹底ガイド!


NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド
NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド