FC2ブログ

Entries

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン |加治 将一

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソンあやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン
加治 将一
祥伝社 刊
発売日 2006-02




英国の策謀ありやなしや 2009-08-13
明治維新というと、欧米列強の圧力になすがままになった幕府を下級武士達が中心となって倒し、彼らの献身的な努力によって日本の植民地化を防いだ、英雄的な行為というのが、普通に語られる歴史話である。

しかしこの話には釈然としないものを感じる。大量の武器弾薬を英国や仏国から購入しておきながら、欧米列強からの直接的な影響がなかったとするほうが、おかしな話である。倒幕は武器商人によって、もっと言えば英国によって意図的に計画されたものではなかったか。そんな疑問を持ちながら本書を読んだ。

1866年3月16日、ジャパンタイムズに英国策論と呼ばれる論文が載った。将軍はその座を降り、天皇と大名連合が日本を支配するべきと書かれており、兵庫開港期日が遅れればイギリスは強制と流血の手段に訴えるとの過激な内容で、開港期日は1868年元日、奇しくも明治元年の年であった。

薩英戦争で薩摩を開国、倒幕派にした英国は、これに味をしめ、下関砲撃で長州を、イカルス号事件によって、土佐を倒幕派に変えていった。さらに英国は、軍艦による示威行動を日本全国で行い、これによって、あからさまに幕府の味方をするような藩は少なくなったという。

現代はキャリア官僚がアメリカに留学して洗脳されて帰ってくる。それと同じように、幕末、多くの藩士が海を渡って大きな影響を欧米列強から受けた。正直、坂本龍馬も含めて、彼らがフリーメーソンのメンバーだったかどうかは、どうでもいい事である。しかし確実に英国からの影響を受け、そして倒幕派に傾いたのは事実であり、英国がそのシナリオを書いたというのも、決して出鱈目とは言い切れないのである。

フリーメーソンが明治維新の黒幕 2009-08-11
明治維新はイギリス(フリーメーソン)の陰謀であり、グラバーやパークスはフリーメーソンのの手先、坂本龍馬もかれらに操られていたという歴史ミステリー。筋は通ってますが、証拠があるわけではないので、結局信じるか信じないかは、あなた次第、みたいな。ミステリーとしては面白いですが、逆に龍馬ファン向きではないかも。


さらに詳しい坂本龍馬情報はコチラ≫

左サイドMenu

坂本龍馬特集!

NHK大河ドラマ「龍馬伝」
坂本龍馬特集!



≪龍馬の手紙≫
龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 (講談社学術文庫)


計139通の手紙を網羅し、幕末の異才、龍馬の青春の軌跡を鮮やかに浮かび上がらせています。


≪坂本龍馬 その偽りと真実≫
坂本龍馬 その偽りと真実


浪人にして英雄!龍馬は幕末動乱の時代に本当のところ何をやったか?
その孤独と苦悩を明らかにし、誰も書かなかった「虚と実」に迫る!


≪幕末掛け軸フィギュア≫
「坂本龍馬」幕末掛け軸フィギュア「坂本龍馬」


幕末を駆け抜け、新しい日本を築いた坂本龍馬の名言を掛け軸にして再現!


≪ようわかるぜよ!坂本龍馬≫ようわかるぜよ!坂本龍馬

この一冊に龍馬の魅力がぎっしり!
「坂本龍馬入門書」の決定版!


最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

龍馬特集!




≪竜馬がゆく≫
竜馬がゆく


青春小説の名作が読みやすくなって再登場!
前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描いています。


≪龍馬伝 前編≫
(NHK大河ドラマ・ストーリー)


福山雅治主演、2010年大河ドラマを徹底ガイド!


NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド
NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド