FC2ブログ

Entries

坂本竜馬 (PHP文庫) |黒鉄 ヒロシ

坂本竜馬 (PHP文庫)坂本竜馬 (PHP文庫)
黒鉄 ヒロシ
PHP研究所 刊
発売日 2001-02




作者の龍馬への敬慕、親近感を、ひしひしと感じるマンガです 2007-10-16
 幕末に大活躍した坂本龍馬(1835.11.15-1867.11.15)。彼の気さくで大らか、世話好きな等身大の人間像が伝わってくるマンガ。作者が登場人物のひとりに言わせている、「なんか龍馬さんに会うと、深呼吸したみたいな気分になる」という言葉が身にしみて感じられる龍馬の人柄、ゆったりとした人間味に魅了されましたねぇ。
 本編550頁あまりの労作。「序」の章からはじまり、「龍馬暗殺後現場」「土佐郷士」「龍馬誕生」「剣術修行・江戸へ」「北辰一刀流」「安政の大獄」「鈍馬」「土佐勤王党」「脱藩」「吉田東洋暗殺」「脱藩後」「生麦事件」「海舟面会」「脱藩罪赦免」「文久三年」「横井小楠面会」「蝦夷地開発案と池田屋事件」「佐久間象山暗殺」「西郷面会」「薩長同盟(一)」「亀山社中」「薩長同盟(二)」「寺田屋遭難」「新婚旅行」「第二次征長戦争」「海援隊」「いろは丸事件」「船中八策」「帰郷」「大政奉還(一)」「大政奉還(二)」「写真」「近江屋」「慶喜の弁解」まで。冒頭「龍馬暗殺後現場」の件りから、作者の並々ならぬ龍馬への敬慕、親近感を、ひしひしと感じました。
 本文庫は、1997年12月に刊行されたものに加筆、修正したもの。実に心のこもった作品であり、龍馬ファンでなかった私も、彼を贔屓にしたくなった一冊。

小説では決して味わえない「絵」の力がすごい 2006-10-31

すでに龍馬についての一般的な知識を持っている人におすすめ。
やまほど出回っている龍馬本とは次元が違います。
著者の龍馬への迫り方は半端ではない。
たった一枚の絵に盛り込まれた情報の豊富さには驚きを禁じ得ないし、
同じ土佐の人としての偏愛ぶりが随所に見られて、これが独特の味わいを出している。
小説では決して味わえない「絵」の力を感じさせますね。
死者の首に真相を語らせたり、死者が甦って歴史の真相を証言したりという手法は、
なんとも妙なリアリティを感じさせる。
黒鉄氏の実力・底力を思い知らされる作品だ。


さらに詳しい坂本龍馬情報はコチラ≫

左サイドMenu

坂本龍馬特集!

NHK大河ドラマ「龍馬伝」
坂本龍馬特集!



≪龍馬の手紙≫
龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 (講談社学術文庫)


計139通の手紙を網羅し、幕末の異才、龍馬の青春の軌跡を鮮やかに浮かび上がらせています。


≪坂本龍馬 その偽りと真実≫
坂本龍馬 その偽りと真実


浪人にして英雄!龍馬は幕末動乱の時代に本当のところ何をやったか?
その孤独と苦悩を明らかにし、誰も書かなかった「虚と実」に迫る!


≪幕末掛け軸フィギュア≫
「坂本龍馬」幕末掛け軸フィギュア「坂本龍馬」


幕末を駆け抜け、新しい日本を築いた坂本龍馬の名言を掛け軸にして再現!


≪ようわかるぜよ!坂本龍馬≫ようわかるぜよ!坂本龍馬

この一冊に龍馬の魅力がぎっしり!
「坂本龍馬入門書」の決定版!


最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

龍馬特集!




≪竜馬がゆく≫
竜馬がゆく


青春小説の名作が読みやすくなって再登場!
前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描いています。


≪龍馬伝 前編≫
(NHK大河ドラマ・ストーリー)


福山雅治主演、2010年大河ドラマを徹底ガイド!


NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド
NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド