Archive [2010年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫) |司馬 遼太郎

竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)司馬 遼太郎文藝春秋 刊発売日 1998-09-10時代小説 2010-03-29やはり面白い。脱藩を許された経緯には大変驚かされた。そして、お竜との出会いが不思議な感じがした。運命ってそうゆうものね(笑)時代を加速させた、勝との出会い 2010-02-21遂にきた、最も楽しみで興味深かったと言ってもいい、勝海舟との初対面のシーン。 勝を暗殺しようと勝の家に行った竜馬が、逆に勝に弟子入りするという伝説の...

竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫) |司馬 遼太郎

竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)司馬 遼太郎文藝春秋 刊発売日 1998-10-09歴史がダイナミックに動こうとしている 2010-02-06本巻で互いに憎しみあう薩摩藩と長州藩の手を握らせ竜馬が中に入り薩長同盟を結ばせる。歴史がダイナミックに動こうとする激動の時代の描写が面白い。物語に引き込まれました 2009-10-03薩長同盟。 様々なメディアを通して概要は知ってるはずなのに、 まるで初めてこの同盟のことを知るかのように、 頭をリ...

坂本龍馬 その偽りと真実 (静山社文庫) |星 亮一

坂本龍馬 その偽りと真実 (静山社文庫)星 亮一静山社 刊発売日 2009-10-06龍馬の葛藤 2009-12-09「坂本龍馬 その偽りと真実」の広告を新聞で目にしたときに、アプローチが面白い、読んでみたいと思いました。その後、数日も経たないうちに、著者の星亮一さんが大学院の先輩だということがわかり、これは読まないわけにはいかないとなりました。 動乱の世の中にはいつもヒーローの存在が浮き彫りにされます。いつの世にも常識に...

龍馬流星篇 (集英社文庫) |津本 陽

龍馬流星篇 (集英社文庫)津本 陽集英社 刊発売日 2009-12-16さらに詳しい坂本龍馬情報はコチラ≫...

坂本龍馬 (学習まんが人物館 日本 小学館版 15) |ながい のりあき

坂本龍馬 (学習まんが人物館 日本 小学館版 15)ながい のりあき小学館 刊発売日 2009-12-02学習マンガとあなどるなかれ 2009-12-17長い話しを分かりやすくコンパクトに、尚かつ面白く描かれていると思います。 作画は「がんばれ!キッカーズ」の、ながいのりあき氏。 龍馬の表情やしぐさが魅力的で、本当に龍馬に思い入れがあるのでは。さらに詳しい坂本龍馬情報はコチラ≫...

竜馬がゆく〈4 怒涛篇〉 |司馬 遼太郎

竜馬がゆく〈4 怒涛篇〉司馬 遼太郎文藝春秋 刊発売日 1988-10-05いよいよ佳境へ! 2009-11-14前巻では、維新に至る背景を描く為、竜馬の活躍が少なく、長州藩の動向が中心といえる1巻でしたが、この巻では、再び、竜馬が活躍してくれます。この巻のハイライトは、何と言っても、薩長同盟。長らく、反目しあっていた薩摩と長州ですが、竜馬の奔走により、手を結ばせてしまい、一挙に、時代は、倒幕へと進む下地ができます。 竜馬...

左サイドMenu

坂本龍馬特集!

NHK大河ドラマ「龍馬伝」
坂本龍馬特集!



≪龍馬の手紙≫
龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 (講談社学術文庫)


計139通の手紙を網羅し、幕末の異才、龍馬の青春の軌跡を鮮やかに浮かび上がらせています。


≪坂本龍馬 その偽りと真実≫
坂本龍馬 その偽りと真実


浪人にして英雄!龍馬は幕末動乱の時代に本当のところ何をやったか?
その孤独と苦悩を明らかにし、誰も書かなかった「虚と実」に迫る!


≪幕末掛け軸フィギュア≫
「坂本龍馬」幕末掛け軸フィギュア「坂本龍馬」


幕末を駆け抜け、新しい日本を築いた坂本龍馬の名言を掛け軸にして再現!


≪ようわかるぜよ!坂本龍馬≫ようわかるぜよ!坂本龍馬

この一冊に龍馬の魅力がぎっしり!
「坂本龍馬入門書」の決定版!


最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

龍馬特集!




≪竜馬がゆく≫
竜馬がゆく


青春小説の名作が読みやすくなって再登場!
前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描いています。


≪龍馬伝 前編≫
(NHK大河ドラマ・ストーリー)


福山雅治主演、2010年大河ドラマを徹底ガイド!


NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド
NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。